企業で利用されるVPSサービスの新しい流れ

  • 企業で利用されるVPSサービスの新しい流れ

    • 企業もVPSサービスを利用することが多くなっていますが、特に増えているのが完全に管理を委託できるサービスです。
      VPSサービスではハードウエアの管理以外はすべてユーザーが管理することになっていますが、オプションとして管理を委託できるようになってきています。

      BIGLOBEニュースが最近こちらで話題になりました。

      また、一部サービスではプランに管理機能が追加されているサービスも登場しています。

      このようなサービスは専有型のサーバでは用意されることが多かったのですがVPSサービスではあまりなく、新しいサービスとして注目されています。
      VPSサービスで管理面を委託するならレンタルサーバでも良いと考えられていますが、価格面やハードウエアリソースの柔軟性からVPSが選ばれてきています。



      委託できる管理の範囲については大きく分けて2つに分けられます。

      1つはOSのアップデートと障害時の再起動を請け負う場合、もう1つはソフトウエアも含めてサポートされる場合です。

      サーバーについて知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

      どちらも安定稼働には必須の内容となりますが、管理に人を避けない企業などが利用することが増えています。

      企業の場合は特に自社サイトの運用に利用されるサーバでこのようなサービスを選ぶ場合が多くなっています。

      ウェブサイトにはCMSが採用されることが多いですが、アパッチなどのWebサーバの他にデータベースやロードバランサーが採用されることが多くなっていますが、一度設定したら管理はアップデートだけという場合も少なくなく、管理代行サービスは好評を得ています。

  • 関連リンク

    • MAC用のサーバーはMacminiで販売されています。以前は1U型のサーバーも販売されていましたが、年々サーバー関連のハードウエアは販売されなくなっています。...

    • サーバーは1つのOSで使われることは少なくなっています。理由としては利用率を上げられない、障害時に対応しづらいなどがあります。...